参加するボランティアサークルに参加したい

水戸市シルバーリハビリ体操指導士の会南部第一支部

シルバーリハビリ体操は、県立健康プラザ管理者の太田仁史先生が考案した体操です。私達はこの体操指導士養成講習会を修了し、県知事から体操指導士の認定を受けています。これを基に公共施設などで地域の高齢者に体操を指導し、皆様の生きがいと健康づくりに努めているボランティアグループです。

目的 シルバーリハビリ体操の指導普及
主な活動場所 吉田・吉沢・酒門の各水戸市民センター、水戸市いきいき交流センター(ふれしあ)、高齢者福祉施設など
加入者数 38名(令和3年度現在)
活動日 上記主な活動場所で月2回体操教室開催。令和3年度は、教室102回開き、参加者1,555人、指導士904人が集まりました。
活動内容
  1. 体操の指導普及を通じ、高齢者が元気にいきいきと暮らせるよう、地域の介護予防推進に積極的に取り組んでいます。
  2. 活動時間は50分。「いつでも・どこでも・ひとりでも」道具を一切使わずに筋力をつけ、体の柔軟性などを高める体操に取り組んでいます。また、食べ物を飲み込む機能の維持・向上や、尿もれ予防も行っています。
  3. 参加者に体操を正しく指導普及するため、月1回の例会や研修会などで学習と自己啓発に努め、体操のレベルアップを図っています。
  4. 養成講習会修了者で、地域での体操普及により介護予防活動が出来る方、楽しくボランティア活動やってみませんか。

水戸市シルバーリハビリ体操指導士の会南部第一支部

〒311-4141 水戸市赤塚1-1 水戸市社会福祉協議会ボランティアセンター内
TEL 029-309-1011  FAX 029-309-1139